★☆お知らせ☆★




2013年06月11日

風も時間も止まれ。

午前4時
なんとか日常から脱出する事ができた
降って湧いたような休日
いつもの千代川へ一目散。。。

前回は台風の如き風雨に悲惨な
(工事中の現場)状況を想起させられて退散したのだが
今朝は川柳の枝さえ「ピクリ」とも動かない
5時には朝が訪れているが
バックミラーに映る家々は時間さえ止まったかのように眠ったままである

6時頃
来見野川合流点と若桜公園の上流に入る
水位は予想通り前回に増しての超渇水だった(><;
渇水を考慮に入れても
前回水鏡サが魚を浚えてしまい(^^ゞ
八東川本流の淵にはもう魚が居れへんのと違ゃうかな?
・・・と、思った。

ほな、どないするか?
沈思黙考一分間
諸鹿上流へ向かう
柱状節理の岩肌が露出した辺りの流れに入る



この川も当然ながら超!減水である
なんか川の水の粘度が増しトロトロ~っと流れているようだ
水中岩はヌメリが酷くて滑って滑って遡行が大変だった
苦労しても
時間は知らんフリして流れ去り
たった一度『キラリ』と魚の輝きを見たのと
堰堤スレスレで尺上サイズのヤマメが
ドッポーンと姿を披露してくれたのみ。。。

気がつくと
とうに昼を回っている
屏風岩を眺めながら
缶ビールとおにぎりの後
2時間も昼寝
(今日は日が暮れるまでシッポリと楽しむ心算なのですな)
2時間も寝たなら
明日の仕事は大丈夫でしょう・・・(タブン)

諸鹿村落下流でタッチ&リリース一回
ウ~ン悔しいなぁ。。。

暮れなずむ頃
舂米川合流点の本流に入る
夕暮れの本流は今朝と違って
向い風がビュービュー吹いている
その息吹の合間を狙って振り込む
流芯と大淵では反応なし
段々になった荒瀬の副流でやっと出ました
本流ヤマメ

竿抜けだろうと思われるポイントだったのが
先行きに不安を感じさせられる
『夏ヤマメ一里一匹』と言われるように
これから夏に向けて厳しい季節が始まる

ほな


▼今日のphotoはよかったよ!▼

だから


にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ポチッ↑と応援してあげる(^^v
  

Posted by 水鏡サ at 08:55Comments(0)テンカラ