★☆お知らせ☆★




2007年09月29日

ウッドロングエコの色と床の間@宮山の家


一昨日に引続き、ウッドロングエコを塗っています。
塗りたての色は濡れ色になるだけです。

シカシ・・・


2日目になると、このように深い渋みがかった、シルバーになります。

ナカナカ、エエ感じですねコレは、ウン。


全体を見るとこんな感じです。


床の間は石膏ボードを残すだけになっています。

棟梁は子供の運動会溜め息で、今日はお休みです。
  

Posted by 水鏡サ at 17:17Comments(4)

2007年09月29日

シックハウスとPH調整剤

下の【ウッドロングエコと吹抜け@宮山の家】
『ひろちゃん』さんからコメントを頂きました。
ありがとうございます。

シックハウスを考える上で、重要なポイントなので、コチラに移させて頂きました。

-----『ひろちゃん』さんからのコメント-----
何回もこの建築中の写真みました。
人間・生き物に対して、優しい家が建ちそうだなと。
私の同級生は、「ハウスシック症候群?」で先日家を売ってしましました。(建売の家です。注文住宅ではないです)。「自然の素材・物質を使っているので大丈夫大丈夫といわれて購入したらしいのですが、疑問がのこります。人が住みやすく、もちろん、住んで「無害」であるという家のことを考えさせられました。だって、家は人の生活の基本ですもんね。偉そうなこと書きましたようなきがしますが、すみません。
----------------------

★全くその通りですね。
世の中は『消費者』よりも『売る方』の利益がでるような仕組になっているんじゃないでしょうか。

例えば、コンビニのサラダの原材料表示を見てみましょう。
『保存料・ソルビン酸K』と書かれているでしょ。
ソルビン酸カリウム安息香酸ナトリウムは危険なので使用量が決められています。
それを補うためにグリシン、酢酸ナトリウム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、リン酸水素カリウム、第2水素カリウムで保存料の働きをさせています。これらは何種類入れても『PH調整剤』の一言で表示されるだけです。
(参考:グリーンライフの青空通信)

★お友達の家はコレと全く同じ構造なのですね。かの違いだけです。
 ・は氷山の一角だけ表示する。
 ・は一部に使用している材料だけを表示する。
どちらも、ウソまでは書いていませんが、都合の悪い部分にはシッカリ蓋をしてあります。

住宅の場合に気をつけたいのは建築基準法上での最高レベルのF☆☆☆☆クラスの建材を使用した住宅でも???な点ですね。この手の集成材、合板、ビニールクロスを使用した住宅に入るとイヤ~な臭いが充満しています。

秋田憲司さんが開発された『無添加住宅』はケミカルフリーを徹底的に行なわれていますが、私共の住宅では無添加住宅よりも断熱性能を上げたい思いもあり、100%ケミカルフリーは現時点ではハッキリ言って、『無理です』
ですから、施主様には化学物質が含まれる材料、ユニットなどが分かるように説明しています。
例えば、床板を張るときに『木工用ボンドを使わなければ、若干の床鳴りがする可能性があるのですがどうしましょう?』と、いう風に話をしています。
とにかく安心して住める家であって欲しいので 「自然素材を使っています」と、言うよりも「こことここには化学物質があります、使いますよ」と言う事にしています。
それが、『安心』花まるにつながると確信しています。


赤は『自然素材を使っていますよ』と言う情報、これは一見すると消費者の利益になりそうですが、ジツは消費者、工務店ともに不利益になる情報なのです。
緑は『自然素材を使ってませんよ、化学物質も使っていますよ』という情報、これは消費者の利益になることはモチロン、回りまわって工務店の利益につながると考えられます。

消費者の方も、この辺を見極め判断するために、ある程度の知識は必要になってきますね。
とは言っても、これは非常に難しいので、最終的にはエエ人を探す事が最も大事かと思います。
『この人なら、うちの家を任せられる!』と、安心して任せられる人を探す事ですね。

ぼくなんかグリーンライフの食品やったら、花房さんが言うての事やったら 『べっちょない!』と端から信頼していますもんね。
(その味については個人の好みもあり、期待していた程ではなくハズレの時もありますが・・・ガーン

ぼくの目標 『目指せ、播磨住宅界のグリーンライフ!』  

Posted by 水鏡サ at 01:03Comments(3)設計NOTE

2007年09月29日

小さな姫路城

『わっち』さんはヒィヒィ云いながら男山に登られたそうですが、コッチは楽チンして広峰山に登ってきました。

近くで見ればこんなに迫力ある姫路城ですが・・・。


広峰山からどうにか霞んで見える『姫路城』の自棄に小さく感じる事。

←パノラマにしてみましたが、継ぎ目が丸分かりですぅ。


パースペクティブに思考すると、地球の存在が実感できる、さらに宇宙の無限を思い知らされるのでした。
宇宙から地球を見ると、きっとはかなさを感じるだろうなぁと、想像するのでした。

『美しい地球、これはぼくらの次世代に美しいまま引継がねばなるまい』  

Posted by 水鏡サ at 00:40Comments(3)【由無し言】

2007年09月29日

廣峯神社 ―裏―

ささ、タ行サ、ポポサ出番でっせ~。
『なんでやねん!』フンッ

思わず脚が向いてしまいました~。メロメロ

サテ?



















裏手に回ると各スパンに一つずつ小さな穴があいています。

何なんでしょうかねぇ?

楽しみ楽しみーっと。










ヤッパシ、期待外れ~。

こんな神聖な場所に、そんな事(どんな事や?)あるはずないもんね~。

正しくは自分の星回りの穴を覗くとご本尊が見えるらしい。


















チャンと社務所でお札を購入して願い事を記入すれば、の話しです~。(確認してないので、タブンですよ、タブン)

ただで覗いても板しか見えましぇ~ん。アハハ!  

Posted by 水鏡サ at 00:08Comments(2)【由無し言】

2007年09月28日

廣峯神社―表―



【廣峯神社参道】




【昼下がりの拝殿】




【本殿素描】




【力石】
  

Posted by 水鏡サ at 23:44Comments(0)【由無し言】